マッサージ

梅雨の頭痛を和らげる!自律神経を整える血流改善マッサージ&ヨガ5選_血流改善でママを応援するルルママ

梅雨 頭痛

梅雨になると頭が痛い...体がだるい...

そんな方に参考にしていただきたい、頭痛の不調を和らげるマッサージ&ヨガの紹介です。

梅雨になると不調が起きやすい理由も解説しています。
気象病について調べている方もぜひご覧ください。

梅雨になると頭痛が起きやすい?

梅雨になると頭痛やめまいなど、体の不調を感じる方はいませんか?
梅雨になると気圧の低下などの気象の変化が起きやすくなります。

この気象の変化が原因で、体に不調をきたすことがあり、一般的に『気象病』と呼ばれています。

梅雨になると頭痛などの体の不調が起きる原因(気象の変化と自律神経の関係)

気圧の低下などの気象の変化によって頭痛やめまいなど、体に不調をきたす原因は、『自律神経の乱れ』である可能性が高いと考えられています。

梅雨 頭痛

気象の変化を、耳の中にある前庭器官(関節・筋肉など体の感覚を受容する気管)が、感じ取る

脳にその情報が過剰に伝わると、自律神経が乱れる

頭痛やめまいなど、体に不調をきたす

自律神経の乱れを整えることで、頭痛などの体の不調を改善する手助けになります。

次に、自律神経の乱れを整える血流改善マッサージ&ヨガを紹介します。
気軽にできるので参考にしてくださいね。

頭痛を和らげる手助けに!自律神経の乱れを整えるヨガ

ヨガ① 猫と牛のポーズ

step
1
四つん這いになり、大きく息を吐く

step
2
大きく息を吸い、尾骨(尾てい骨)を上に引き上げ、ゆっくりと腰を反らす。腰を反らしたら、斜め上を見て3秒キープ

※尾骨(尾てい骨)=お尻の中央の一番下にある骨

step
3
息を吐きながら、尾骨(尾てい骨)を下げて、おへそを覗き込むようにして背中を丸める。3回繰り返す

その他にも、自律神経が整うヨガを紹介しています。

【ヨガインストラクター監修】自律神経を整えるために効果的なヨガ3選-ルルママ

 

ヨガ② ヨガの呼吸

step
1
楽な姿勢で座る(椅子に座る・あぐらで床に座るなど)

※背筋を伸ばす

step
2
左手を広げ、人差し指と中指を折り曲げて、親指で左の鼻を押さえて閉じる

step
3
右の鼻の穴から4秒かけて空気を吸う(4)1〜2秒息を止めて

step
4
(2)の状態のまま、左手の薬指で右の鼻の穴を押さえて閉じて、左の鼻の穴を押さえて閉じていた親指を離し、左の鼻の穴から4〜6秒かけて空気を吐き出す

step
5
吐き出した後、左の鼻の穴から4秒かけて空気を吸う。反対の鼻を押さえる、空気を吐き出す等の逆の動作を入れた上で、心が穏やかになるまで繰り返す(何回でもOK)

\動画はこちら▼/

 

この投稿をInstagramで見る

 

頭痛・腰痛・不安の解放【自然治癒ヨガ】講師🤍ちあき(@m.chia_yoga)がシェアした投稿

参考:@m.chia_yogaさん

 

頭痛を和らげる手助けに!自律神経の乱れを整えるマッサージ

マッサージ① 頭のツボ『百会』

百会は、頭頂部の少し窪んでいるところにあります。

step
1
左手と右手の中指を重ね合わせる

step
2
百会に指をあて、2秒を5回×3セット押す

1セット終わったら3秒ほど休憩を入れてから繰り返す

 

マッサージ② 頭のツボ『玉枕』

玉枕は、後頭部を触ったときに飛び出している頭の骨(外部頭隆起)から、人差し指・中指をそろえて左右にずらしたところ、計2か所にあります。

step
1
左右の玉枕に親指を当てる

step
2
首を上に傾けた状態で2秒を5回×3セット押す

※1セット終わったら3秒ほど休憩を入れてから繰り返す

その他にも、頭のツボを紹介しています。
ぜひご覧ください。

【整体師おすすめ】頭の血流改善を促す頭のマッサージ7選!自律神経を整える手助けにも◎-ルルママ

 

マッサージ③ 顔の筋肉『側頭筋』

側頭筋は、耳の周りにある(こめかみから耳の上を通り、後頭部の方につながっている)筋肉です。

step
1
両手のひらを、両耳の上にあてる

梅雨 頭痛

step
2
耳の上においた両手のひらで頭を押し、押したまま引き上げる

step
3
(2)の状態で30秒キープする

step
4
30秒たったら、(1)に戻る

step
5
(1)〜(4)を2回繰り返す

\動画はこちら▼/

 

この投稿をInstagramで見る

 

林 良祐【HaRick代表 】大阪・堺(@ryosuke_hayashi)がシェアした投稿

参考:@ryosuke_hayashi さん

 

頭痛以外にも気象病によって起きる体の不調がある

頭痛以外にも、以下のような体の不調が起きるケースがあります。

<気象病の症状>
・めまい
・だるさ
・眠気
・気分の落ち込み
・古傷や持病の痛み など

 

気象病を起こしやすい人の特徴

気象病を起こす年齢層は、10代〜80代と幅広く、女性が多いとされています。

※参考
第60回日本生気象学会大会

頭痛などの体の不調を感じたら無理せず医師に相談を

梅雨の時期に限らず、気象の変化により体の不調をきたすこともあります。

頭痛などの体の不調を感じた場合は、無理をせず、状況に応じて医師に相談しましょう。

 

LULUMAMAは「キンカン」が提唱する血流改善につながる情報を紹介するサイトです。

キンカンバナー

 

-マッサージ
-, , ,

Copyright© LULUMAMA(ルルママ)|血流改善でママを応援する情報紹介サイト , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.